活性酸素の発生を防ぐ

セサミンはサプリメントが有効

話題の成分として知られているセサミンですが、実はこれはサプリメントでとりいれる方がより良いというふうに言われています。

セサミンが最も多く含まれている食材は何かというとゴマなのですが、そのゴマであってもセサミンは全体の1%以下しか含まれていないということが分かっています。
つまり、セサミンは非常に少量しか含まれていない貴重な成分なのです。

ゴマというとゴマ油が取れるということでも分かる通り、脂質が非常に多い食品です。
そのため、セサミンを摂取するためにという目的でゴマをたくさん食べすぎてしまうと、今度は脂質のとりすぎになってしまい違う不都合が生じてしまう、ということもあるのです。

そのため、セサミンはゴマのままの状態で取り入れるよりはサプリメントを上手に利用した方がうまく摂取できる成分であるというふうに言うことができます。
1日に摂取したいセサミンの目安量は10ミリグラムと言われています。
これをゴマだけでとろうとすると、なんと1日に3000粒ものゴマを食べなければいけなくなってしまうのです。

しかし、これをサプリメントで摂取すれば、ほんの数粒のカプセルですみます。
余計な脂質を取り過ぎてしまうという心配もありませんので、その他の栄養バランスに響くということも無いでしょう。
ただし、サプリメントだけで摂取していればゴマを全く食べなくても良いかというと、そういうわけではありません。

ゴマにはセサミン以外にも様々な栄養成分が含まれていますから、そうしたものを摂取するためにはやはり食品のゴマを食べるのが良いですし、
バランスの取れた食生活ということを考えた場合にはゴマを含め色々な食品を少量ずつでも多品種食べることが好ましいからです。

また、食事でゴマを食べる場合には、粒のままではなくてすりつぶして食べる方がセサミンの吸収率があがりますから効果的です。
セサミンの摂取という点ではサプリメントを利用するのが非常に効果的ですが、それだけではなく日頃の食事でもゴマを取り入れるようにすると良いでしょう。