活性酸素の発生を防ぐ

セサミンが持つアレルギーへの影響

セサミンはアレルギーを持っている方にとっても非常に役立つ成分です。
セサミンというと健康でいつまでも若々しくいるためのサプリメントというイメージがありますが、アレルギーの改善にも一役買ってくれることがわかっています。

アレルギーとは、ある特定の抗原に対して過剰な免疫反応を示してしまう症状で、抗原は人それぞれ違います。
他の人にとっては何の影響も無いというものであったとしても、抗原になり得る可能性があります。

ではなぜ抗原を食べたり飲んだり接触したりするとアレルギーの症状が出てしまうのかというと、それは体内でアラキドン酸という物質が過剰になってしまうことにより引き起こされます。
アラキドン酸は正常な状態であれば免疫機能を整えてくれる必要不可欠な成分なのですが、過剰になってしまうとアレルギー症状の原因になってしまうのです。
このアラキドン酸ですが、肉や卵などの中に多量に含まれていることが知られており、しかも体内でも合成されています。

近年の日本の食事は肉や卵などのタンパク質を多くとる食生活になってきているということもあり、このアラキドン酸が常に多い状態になっているのです。
その結果、非常にアレルギーの症状が出やすくなっていることが考えられるというわけです。

セサミンには実はこのアラキドン酸の生成を抑える働きがあるということもわかっています。
そのため、セサミンを継続して飲み続けているとアレルギーの症状が出づらくなってくるというわけです。

また、発疹やかゆみなどの症状を引き起こすヒスタミンにも、セサミンが働きかけてくれることが分かっています。
このこともアレルギー症状を抑えてくれることの一因になっています。

セサミンはアラキドン酸の生成を抑えたりヒスタミンに働きかけることによりアレルギー症状を改善してくれますから、アレルギーがあるという方にもおすすめです。