活性酸素の発生を防ぐ

セサミンとアルコールの関係

仕事帰りや帰宅後にお酒を飲むのが習慣になっている、そんな方におすすめなのがセサミンです。

なぜセサミンがお酒好きの方におすすめなのかというと、それはセサミンがアルコールを分解する肝臓の機能を高めてくれるからなんです。
アルコールは体内に入ると最終的に水と二酸化炭素に分解されて、有毒なアセトアルデヒドという物質が同時に作られます。

このアセトアルデヒドを分解してくれるのが肝臓です。
そして肝臓の処理能力を上回るアセトアルデヒドが発生した時に出てくる症状が、二日酔いや悪酔いといった不快な状態です。

セサミン自体がアルコールを分解してくれたりアセトアルデヒドの処理をしてくれるというわけではないのですが、肝臓の働きが良くなるように助けてくれることでアルコールの分解がしやすいようにしてくれます。
ですから、毎日何かしらのアルコールを飲んでいるという方や、もともとアルコールに弱く悪酔いしやすいタイプの方の場合には、セサミンを取り入れることでその状態が改善して楽しくお酒を楽しむことができる可能性が高まります。

肝臓のことを考えるのでしたら、必ず休肝日を設けることが大切ですが、それと同時にぜひセサミンを取り入れるということも実行してみると良いでしょう。

ではなぜセサミンが肝臓の働きを高めてくれるのかというと、他の成分と違いセサミンは脂溶性だからです。
水溶性の成分の場合には肝臓まで届いてくれないのですが、脂溶性であるために肝臓までしっかりと届いてくれるというわけです。

しかもセサミンは抗酸化作用に優れています。
ですから、肝臓の機能を高めると同時に肌にも良い変化をもたらしてくれることでしょう。

セサミンはこのように肝臓の機能を高めて楽しくお酒を楽しみたいという方にもとても役立つサプリメントですし、健康的な生活のためにとても役立ちます。